Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

バカ親

ここ数日、ニュージーランド時間が(4時間差)体から抜けきってないP氏に起こされるので、まぁ寝不足です!怒。静かに起きてくれりゃいいのに…ガタガタやられるとこっちまで目が覚めます。(勘弁してくれー。)





目覚めは最高に悪いですが…今日は100均に行ってきました。店内はハロウィングッズでたくさん!我々も思わず買い物カゴに、気がつくとあれもこれもと入れていました。笑。というわけで…

ゲストルームもハロウィン仕様です!(少々クドイ?…パンプキン、パンプキン、パンプキン…笑)

このカップも100円で買えちゃうなんて…100均素敵すぎます!笑。




P氏とふざけて「ゲストに挨拶行く時にヴァンパイアマスクして行くなんてどう?笑。」いいね〜!それ!と、マスクをカゴに入れようとしましたが、ご近所さんにもし見られたら…変な噂になるので、それはやめよう。という話で終わりました。(あぶない…あぶない…笑)







さて、話は変わるのですが…ここからは先週末、仕事先で起こった話です。




私は飲食店で働いているのですが、先週末は何故かすごく忙しくサラダに使う野菜や仕込みのお肉などが無くなったんですね。ちょうどランチタイムが過ぎて落ち着いた頃だったので「夜の営業に向けて仕込みをしましょう!一度お店の看板を仕込み中にしますね。」と、店長が看板を出したら…





そこにちょうど中学生くらい?(おそらく15.16歳)の子が「えっ…今食べれないんですか?」と店長に聞いたんです。「大変申し訳ございません。本日はお昼の営業で食材が無くなってしまったので、夜の営業に向けてこれから仕込みをします。17時からまたオープンいたします。申し訳ございません。」と店長が答えると…





「ふざけんな!!」





…ふざけんな!って…。ありえます?!大人に向かってふざけんな!って…。この子の親はどんな教育してんだろう?と思いました。(親でもない立場の私が言うのもなんですけど…)もし私がこんな言葉を使ってたら「もう一度言ってみなさい!」と、間違いなく両親に怒られていると思います。





それに私がこの状況だったら…〝あー残念。他で食べるか!〟か、〝んー17時まで待とうか!〟の2択になります。おそらくその子はどうしても食べたかったのでしょうけど…仕方がない事って世の中にはあるし、わかる年齢だとも思います。しかし…「大人に向かって、ふざけんな!は無いよね〜」とみんなで話していると、数分後…





なんと、その子が親をつれてきたんです!!




(おや、まぁ!と、私はキッチンから何が起こるんだ?と、こんな感じで見ていたのですが…笑。)





「おい!何で開いてないんだよ!なんでうちの子が食えないんだよ!」…店長が先程その子に説明したように親にも説明します。するとその親は「お前じゃ話にならない!店長を出せ!」

…「はい、私が責任者です。」…。





「店長を変えろ!お前じゃ話にならない。本社に電話してやるからお前の名刺を渡せ!」と言い、名刺を持ってその親子は帰りました。この親にしてこの子あり…きっと我慢ができない、我慢を知らない子に育ったんでしょう。あなたを中心に世界はまわっていませんから。(バカか!)すみません。相変わらず口が悪くて…。





その数分後、その親から本社に電話があり、「俺はな〜◯◯組の◯◯なんだよ。わかるか〜?」と、反社会的勢力の名前を名乗ったそうです。(だったら、なんなの?)ここまでくると親バカではなく、バカ親だなと思います。






家に帰ってP氏にこの話をすると「クソ客ね!Like father,like son.」と…。思う事は世界共通!一緒でした…。笑。そして私の影響で〝クソ〟や〝ウザっ!〟など、汚い言葉を使うようになったP氏…。(ご、ごめん!笑)もっとお上品にならねば…。笑

Uber

雨、雨、雨、あめー…。愛知県、ここ連日…雨でうんざりしています。(なんせ洗濯物が乾かない!)うんざりしているのは私だけではなく、この方も…

カッパを着せられて嫌そうな顔をしています。笑。そして数分後…

カッパを着せたのに…泥が顔やあちこちに跳ねています…。笑。(まぁ仕方がないね)





さて、昨日はP氏がニュージーランドから帰ってきました。お義母さんは、なんとか少しずつご飯を食べれるようになりホスピスから老人ホームに移動!(良かった!)来年も帰りたいと言っているので、借金返済そしてまたコツコツ貯金アンド旅費を稼がねば!!





P氏に出発前おつかい代としてお金を持たせました。〝ゲストルームに使う可愛らしい物とかベッドカバーを買ってきて!〟と。そして笑顔で渡されたのがこれ…

お、お菓子〜!(多くね?笑。)今月はゲストルームのウェルカムスナックはここから出そうと思います。どれもニュージーランドらしいお菓子ですが特に私が好きなのは…

クッキータイム!!クライストチャーチに工場がありファクトリーショップだと少し崩れたクッキーなどが安く手に入ります。

いい歳して顔をおもわず入れてしまいましたが、このガチャピンみたいなキャラクターも可愛いですよね♡(なんていう名前なんだろう…?)このクッキータイム、スーパーでも買えるのですが、クィーンズタウンやオークランド空港にもショップがあり可愛い缶に入っているものや、グッズも売っています。(ちなみに東京にもあるらしいです。笑)ニュージーランドに行かれた際はお土産にぜひ!

そして…第2弾、雑貨。頼んでいないものも数多くあり、庭に飾る風ぐるま、キウィのプレート、安かったから買ってきてくれたというルームパンツ…。笑。ちなみにこの中で私が頼んだおつかいは洗濯バサミ!





何故かというと、ニュージーの洗濯バサミって日本のものより丈夫で、おそらく紫外線に強いと思うのです!(勝手に思っている…笑)たまに日に当たりすぎて、使う時バリバリと割れる時がありませんか??それが無いんです!我が家は1日に4回、多い時は5回洗濯をまわすのでニュージーの洗濯バサミはかなり重宝しているのです。





「もらったお金、全部使い切ったよ!」と笑顔のP氏。…そうだろうね〜私何も言わなかったもんな…おつり…ちょっとは残してくるかと思っていた私がアホでした。笑。ところで頼んだシーツやベッドカバーは?!「スーツケースに入らなかったから送った」…まぁ、頼んでいたものはちゃんと買ったとの事なので良しとします。笑。






そして…「荷物が多かったから移動の時にUberを初めて使ったんだけどすごく良かったよ!」と…。なにそれ…Uberって?

私は知らなかったのですが、アメリカでは普通なんですってね。話を聞くとアプリを登録して、自分の位置からそのUberに登録されている車を呼んで目的地まで運んでもらう、現金でのやりとりはなく、下車してから自分の登録されたクレジットカードやデーターから決済されるシステムみたいです。


これがその詳細…。ふーん…それってさタクシーと何が違うの?タクシーだって電話したら直ぐ来てくれるじゃん?「そうだけど、現金でのやりとりが無いしタクシーより全然安い!」…だそうです。笑。




確かに便利だとは思いますがどうなんでしょう?もし事故を起こした時はどうなるんだろう?(だって自家用車ですもんねえ!)タクシーの運転手さんがおそらく近い将来、仕事が無くなってしまうのでは?と私は心配になってしまいます。

ガールズ

今週のゲストルームはチャイニーズウィーク!昨夜も雨の中ガールズ3人がチェックイン。「お腹が空いていて何も食べていません。何か食べる物はありますか?」と…。





P氏が帰省してから私も1人だったので、あるもので適当に食べていたので買い物にも行ってなかったし、冷蔵庫の中は空っぽ!笑。どうしよう…あっ!インスタントヌードルしか無いけど…それでもいい?「はい!」と、いうわけで…

キャベツと卵しか入られるものがなかったのですが、それでもとても喜んでくれました!話を聞くと私と同い年で、旦那に子供を預けて友人3人で初めての日本を旅行との事。(はなちゃんも美味しそうな匂いにつられて足元にいます。笑)






食べ終えた彼女達が「ありがとう!お金はいくら払えばいいですか?」と…。ビックリです!全然考えてなかったし貰うつもりなんて全くなかったので。(逆にこんなものでごめんねって感じなのに…笑)「いらないよ!」と言うと、お皿やテーブルを綺麗に片付けてくれて、すごく気を遣える方達でした。






そして今日はガールズ2人がチェックイン!中国語が話せないので、私のヘタクソな英語で部屋の説明などをしていたのですが、全く通じずお互いがどうにかこうにかしようとしている姿に3人で大笑いしてしまいました!(こうゆうのもなんか良いなぁ〜と…笑)

その後、ガールズからメールで送られてきたスクリーンショットなのですが…何を書いてあるのか?サッパリわかりません!(何が言いたかったんだろう…?)P氏にも、これどうゆう意味?と聞いたら「僕にわかるわけないじゃん!」と返事がきました。(確かに…。笑)






ちなみに中国ではFacebookがなく、WeChatというのが中国版Facebookらしいです。P氏はこのWeChatのアカウントを作ってチャイニーズのゲストとやり取りをしています。全世界で利用されていると思っていたFacebookも中国では規制があって利用できないなんて不思議ですよね。





その他にも、中国では国際免許証を取れないので韓国まで取りに行ったり、ゲストの中には委託会社を使ってフィリピンで国際免許証を取得したと言っていました。(委託料は日本円で3万円ぐらいするそう)我が家にレンタカーで来るゲストで中国人が少ない理由が、中国では国際免許証が取れないからだったんですね。(ちなみにレンタカーで来るのは圧倒的に香港の方が多いです)






我が家に宿泊した中国人ゲストがチェックアウトした部屋の特徴が…(全員が全員ではないです)

・バスタオルが未使用

・電気ケトルにお湯が沸いている

・トイレのゴミ箱に紙がある





バスタオル未使用ですが、私の予想なのですがおそらくハンドタオルで全てを拭いているのだと思います。毎回P氏と「拭きづらくないんかね?全然使っていいのにね」と話しております。笑。


ケトルの中にお湯が残っている…については、部屋に置いてあるコーヒーや紅茶、お茶のティーバッグを確認するのですが減ってないんです。おそらく白湯を飲んでいるのかな?と思います。



トイレのゴミ箱にチリ紙?のように捨てられたトイレットペーパーが残っているのです。トイレ掃除はP氏の担当なので、私は最近まで気が付かなかったのですが、P氏曰くおそらく使用したトイレットペーパーを流さないでゴミ箱に捨ててるのでは?と言っていました。





昔、私がニュージーランドで南アフリカ人とインド人のフラットメイトと住んでいる時のトイレには水が溜めてあるバケツが置いてありました。あの水で手を洗っていたんだと思います。






それぞれの国の文化を受け入れられるようになったのも、留学やワーキングホリデーでさまざまな国の人と1つ屋根の下で一緒に暮らした経験があったからだと最近感じます。

もう名前すら思い出せないけど…私がアボカドとサーモンで寿司を巻いていたら「トライしてもいい?」と、初お寿司を食べた彼女。顔が…すんごい微妙です…。笑。

「この黒いのは何でできてるの?」…当時の私は海苔を英語でSea weed と説明できなくて…困っていたのも、この写真を見て今思い出しました。笑。

さて、来週はやっとP氏が日本に帰ってきます!無事に帰りつきますように!





・差別や批判をしているわけではありませんが、今回の記事で不快に感じた方がいたとしたらごめんなさい。