Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

前妻と養育費

友人の出産予定日がもうすぐなので、ニュージーランドで買ってきたベビー用品をラッピングです!

おもちゃにベビーシープスキンブーツ、赤ちゃん用のお菓子(美味いのかわからんけど…笑)そして虫除けクリーム(もうすぐ夏が終わるっていうのに…)まぁ生まれてからの夏に使ってね!って事で。笑。そして、それらをグッチの袋に入れて送ろうとしている私。(友人よ、期待させて申し訳ない…。笑)





子供で思い出したのが…先日、私の爆発でこんな話にもなりました。いつも聞きたくても聞かなかったこと…(聞いたとしても〝その話はしないで…〟と落ち込むので)この際、話さねばと…それはP氏の前妻と子供の話です。




P氏には離婚した前妻の方に(1人)子供がいます。毎月養育費(70,000円)を払っているのに、子供に会えていない事…。取り決めをした面会日がいつのまにか無くなり…そしてその当時よりも収入が減っている現在、70,000円の養育費は我が家の家計を圧迫しつつあるのです。(去年なんて本当に苦しく…督促状の山!私の貯金を切り崩しても…足りなかったぐらい)





全てを理解して承知した上でP氏と結婚しているので、前妻や子供の事でどうのこうの文句を言うつもりは無いのですが…。私はP氏が子供に会いたがって泣いている姿も見ているので、なんとか面会させてあげたい!そう思うのです。でもP氏本人は…




「母親側に子供がつくと、自然と母親の味方になって…僕の悪口、沢山聞いていると思うんだ。〝女作って出て行った〟とか…。別居したのには理由があるのに…子供がわかる時が来るまで、待つしかない…。」





「そうかもしれないけど…直接子供に連絡をとってみたらどう?もしかしたら会いたがっているかも。毎月どんなに苦しくても養育費は払っているのに…。これじゃ…なんか損している気がする。成長だってみたいでしょう?あなたが子供の事をちゃんと〝想っているんだ〟っていう事をわかって欲しいでしょ?」




そして…できることなら養育費を少しだけ減額してほしい。(P氏曰く、前妻の方が収入が高いそう)払わない訳ではなくて…1万でも減ったら生命保険に入れたり…貯金することもできる。もう我々も、病気やケガを心配する(ガタがくる)年齢に入っていくんだし…そうP氏に伝えました。




「減額してもらう事になると…また裁判をする事になる。僕はもうこれ以上揉めたくない…」




P氏の気持ちもわからない訳じゃないけれど…でも、私も稼げる時間は限られているし…(現在はパートを2つ掛け持ちして扶養をはずれています)将来の事も考えて、弁護士に相談してみたり第三者の意見を聞くべきだと私は思っています。




こんなしんどくなった時、いつも私が思うのが…「あなた!これからどんどん運気が上がっていくわよ!ご主人との相性もピッタリ。心配しないでしっかり支えてあげてね!」と、言っていた…ミナミの母の言葉です。笑。(母…ありがとう!あなたの言葉に相当助けられてますさかい!←なぜか関西弁。笑)

人生山あり谷ありっていうしね!クヨクヨしないで、今日もまたパート頑張ります!!

爆発日

お盆休み、北海道の実家では姪っ子がはなちゃんと遊んでいるようです!

散歩中も小さな子供と遭遇すると鼻を〝キュンキュン〟鳴らして、遊びたがっていたはなちゃん。ペロペロと自分よりも小さな姪っ子を可愛がっているようです!優しい子ね!(親バカ)





そんなお盆休み、飲食店でパートをしている私は、多忙時期は必ずといっていいほど仕事なので休みはほぼ平日。そんな土日祝日に縁の無い私のシフトが…今月!まさかの日曜日休みが!(やったぜ!)




早速P氏に報告し、どこにいこうか?何をしようか?「夏らしいことしていないから…祭だ!祭!」(おそらく…北島三郎以上に〝祭〟を連呼した私。笑)調べるとその日は…南知多にある日間賀島でタコ祭りが!!

※写真拝借しております。訳は後ほど…。笑




「決めた!!タコ祭りに行こう!!」そうP氏に伝え、頭の中ではサブちゃんが♪祭りだぁ〜♪と更に私のテンションを上げ、前夜のうちに洋服や靴、水筒に帽子を準備し眠りについたわけです。(遠足前夜の小学生か!笑)





そして翌朝〝道が混まないうちに〟と7時半に家を出発した我々。日間賀島へ向かう港に到着すると、フェリー乗り場のパーキングはもう満車!(恐るべしタコ祭り!)ふと見ると〝臨時駐車場、無料シャトルバス運行中〟の看板が!




「ねぇ、私は臨時駐車場に停めてもいいと思うんだけど!あなたはどう思う??」そうP氏に聞くと…





「僕はシャトルバスなんかに乗りたくありません!人混みは嫌。ごめんね。」とP氏。




※ここからは(もはや)恒例、私の怒りの声!長いです!疲れます!嫌な方スルー願います!笑。


ここまで来て何言ってんのコイツ?!このタコ祭りは1年に一度なのに…。人混み嫌って、お盆なんてどこ行っても人混みなんだよ!それ前提だろうが!楽しみにしてたのに…。もう、離婚だ離婚!いや…でも家のローンもあるし…その前に別居だな。でも別居する資金が足りない…。(←急に現実的。笑。そしてタコもビックリな…怒りババアの思考。笑)





そして、もう既に来た道を戻っている車の中で…私は静かに爆発しました。笑。



「滅多にない日曜日休みでさ、良いタイミングで1年に一度のタコ祭りでさ、前の日から準備して…今日だって楽しみで6時に目が覚めて…あなただって知ってるでしょう?妻の喜ぶ顔が見たいと思わないわけ?もしこれが、子供が行きたい!って言ったら…あなたは行ってたよね?なんか…私のこと好きじゃないよね。温度差がある気がする。


あなたって自分の事しか考えてないよね?自分ファースト。私はいつも日々の生活であなたが喜ぶことを自然と考えてるんだけど。これ好きだから買って帰ろう!とか、これ食べさせてあげたい!とか…。


ついでに言わせてもらうけどさ、私はあなたと居て…たまに孤独です。目の前で扉閉められたりさ。スーパーで置いていかれたりさ。一声かける優しさ…無いわけ?


こんなこと言いたく無いけど…私はあなたと居ても寂しい。結婚していても…他人だと感じる事が多過ぎる。」




溜まるに溜まった(今関係ない)不満をも…全てぶちまけてやりました!笑。「本当にごめんなさい。あなたがそんなに祭りが好きだなんて…知らなくて…申し訳ない。」と謝るP氏。(いや、私も自分がこんなにも祭り好きなんて…知らなかったぜ。笑。←新たな自分を発見?)





〝本当に申し訳ないと思うなら行動で示しもらおうか〟(たちの悪いクレーマー…?笑)と言う私からのお願いで着いたのが…

イオンの中にあるクリスピークリームドーナッツ!(P氏よ、わかってるじゃねぇか!笑)「あなたクリスピークリーム大好きもんね。好きなだけ選んでください。本当にごめんね」と言うので…ドーナツで許してやることにしました。(あれっ、もしや私って…単純?それとも安上がりな女?!笑)




いつまでも怒っていて、せっかくの休日を台無しにしたくなかったし…これで良かったんだと思います。許すことも…愛なんだなぁ。(←相田みつを?笑)

要注意人物

天気の良い昼下がり、P氏の仕事が休みだったので、久しぶりに2人でバーベキューをしました!

炭をおこすのが面倒くさい我々の強い味方!!〝炉端焼き太郎!〟(いや、次郎だったか?笑)とにかくガスで手軽なのです。笑。




バーベキューも終わり、食後のアイスを食べていると♪ピンポーン♪と、インターホンが…。モニター越しに見ると、そこには白いワイシャツを来たおじさんが立っていて…




「こんにちは、警察です。」…。





って…警察?!警察って…何故に?!もしや…P氏が食い逃げ?!(←思い当たる勝手なイメージ。笑)それともスピード違反?!あれこれ考えていると「僕が出ます!!」と、スイカバー片手に…食い逃げ犯。(←って、もう既に。笑)私はその様子を背後から見ていたのですが…

※ドラマで見るようなパカパカ携帯みたいな手帳を見せ…(こんな感じのやつ。笑。なんとなく伝わるだろうか?)




その警察と名乗るおじさんが「いやぁね、愛知県ではサミットもあるしね、来年はラグビーワールドカップ、その次はオリンピックでしょう。テロリストや不審者がホテルを避け、こうゆう民泊に泊まる可能性があるので、不審者が居たら〝情報を提供してほしい〟というお願いと注意の呼びかけで、民泊をされているお宅を一軒ずつ回っていたんですよ!」




なんだ…そんなこと!!あらまぁ、ご苦労様です!安心したと同時にふとP氏を見ると、スイカバー片手に…時折シャリシャリ食べながら〝うんうん〟と、警察のおじさんの話に相づちを打ってるではありませんか!!(〝うんうん〟…じゃないってば。スイカバー…やめれや!少年か!!笑)




もう…子供じゃないんだからさ…恥ずかしい!!人が話している時に、しかもせっかく来てくれてるのに!!(←さっきまではビビってたくせに…笑)素早くP氏からスイカバーを奪い、また警察のおじさんの話を聞いていると…




「はい!わかりました。なんかさぁ〜警察のステッカーない?防犯対策になるね!」とP氏。(って、タメ口…!!あんた、敬語つかえるでしょう?)




フレンドリーなのは良いけれど…ここは日本!一家の主人として、大人として、目上の人には敬意を払ったキチンとした対応をして欲しいと私は思うのですが(かたい?いや、日本人ってそうですよね?笑)外国人のP氏には、まだイマイチ…それがわかっていないようです。




ちなみに私は途中で、仕事に出かけたのですが…帰ってからP氏に、警察の人なんだって?と聞くと…「色々話して忘れちゃった。でも良い人だったよ!名刺交換して、僕のビジネスの話もした!1時間ぐらいで帰ったよ。」(って!!1時間?!…やいやい可哀想に…笑)

警察の方も、猛暑の中(しかも外で)我が家のおしゃべりクソ野郎に1時間も捕まって(しょうもない話に付き合わされ…笑)なんだか本当に申し訳ない気持ちです。(次に行くお宅もあっただろうに…)




P氏よ、ある意味…あんたが要注意人物だわ…。笑