Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

帰省

2日ほど前の朝、目を真っ赤にして泣きながら起きてきたP氏。ニュージーランドのお義父さんから連絡があり、1ヶ月半前にダニーデンの病院に搬送されたお義母さんの病気が回復する見込みがなく、治療を辞めて自宅で過ごすことにした。と…。





もちろん薬を飲み続ける事も出来たみたいですが〝飲まない帰る〟と決断をしたのはお義母さん本人です。サポートするお義父さんをはじめとする家族も、彼女の意思を尊重したのだと思います。





意識があるうちに帰るべき!と言う事でP氏は今日からニュージーランドに帰省です。私も本当は一緒に行きたかったのですがゲストルームの予約も入っているし、はなちゃん(犬)もいるし、ご存知の通り我が家にはお金もありません。笑。





何かできることはないだろうか?と思い、感謝の気持ちと奇跡が起きてまた会えるように願いを込めてカードを作りました。

面白おかしく配置した写真で、少しでも笑ってくれたらいいなと思います!それと…

まだ肌寒いインバカーゴの春。お義母さんがベッドの上でも暖かく過ごせそうなフリースを見つけたので買おうとしたら、隣でP氏が「うーん…どうかな?着れるかな?」と言うので、サイズ?「ノー」…もしかして着る前に亡くなってたら…?とでも考えてる?「そう…」





「そんな事考えなくていいんだよ。着れても着れなくても…そんな事はいいんだよ…。」きっと奇跡が起きない限りもう会えないというのがわかっているので、せめて…私も何かしてあげたかったのです。





そして、私の両親からのお見舞い。

「そのお金で彼女の好きな事、好きなものを食べさせてあげて!」と預かりましたが、ニュージーランドではお見舞い金をあげるという文化はありません。でも…きっと私の両親も私と同じように、何かしてあげたいんだろうなと思ったので預かることにしました。




どうか、お義母さんとP氏が会えて楽しい時間が過ごせますように!!






さて!P氏が帰省中の我が家は今日から3日間、3名様がご宿泊です。

スペース確保の為余計な家具は撤去しました!なんでも、鈴鹿サーキットで開催されるF-1日本グランプリ観戦の為に来日するそう。

「我が家から鈴鹿サーキットまではかなり距離があるし遠いけど大丈夫ですか?」と聞くと、もう三重県内はホテルもB&Bも予約がいっぱいで取れなくて、遠く離れた我が家に予約してくださったとの事!(F-1パワー偉大なり。笑)

はなちゃん、父ちゃん帰ってくるまで仲良く気楽にやろうぜ〜!!というわけで、私の自由な時間が今日からスタートです♩笑。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。