Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

遺言

今日はP氏から「あなたのバースデーね!外でディナーだから出掛ける準備しといてね!」と言われ夕方どこに行くのか知らされずにバースデーディナーに行ってきました。




そういやここ3年ぐらい…1人の誕生日だったもんな…。笑(何故かいつも私の誕生日はP氏が出張だったり…どちらかが海外に居たり…)

本人はサプライズディナーのつもりでいたんだろうけど「久々の牛ステーキだなぁ」とか…(あぁ、今日はビーフステーキなのか)「電車で行こうかな〜」とか…あまりにもヒントを出してくれるので(なるほど駅近ね…じゃああそこしかない!)私の予感は的中!ブッチャーズファクトリー!笑。

小さなコンテナハウスの中はとってもオシャレでかわいくて、外国人のお客さんやCAさんなどがよく来店されるみたいです。(空港が近いから?)

やっぱりお肉を見るとテンション上がりますよね〜!!焼肉もいいけど、たまには落ち着いた場所で美味しいステーキも良いなぁと思いました!(ありがとうP氏!)

ステーキを食べながらP氏が…「チャーリー(お義父さん・仮名)と昨日話したんだけど、その今度泊まりに来る女性の事を聞いたんだよ…」と、お義父さんの話に…





うんうん、それで?





「僕の予想通りフィリピーナで香港に15年ぐらい住んでて介護の仕事していた女性なんだって。子供も3人いてみんな独立した人みたい…」





(てことは、VISA目的の若いフィリピーナではない!)そうなんだ、じゃあチャーリーと同世代か少し若い位の女性なんじゃない?よかったじゃん!





「うーん…でも彼の話しか聞いてないから実際どんな女性かもわからないし…どうゆう目的で彼とやりとりしたり、会ったりするのか心配…。しかもチャーリー…彼女の住むクライストチャーチに引っ越しするかもしれない…」





えっ?!引っ越し?!彼女の近くに住むためにってこと?!てことは、私達の帰省もクライストチャーチになるってこと?!(P氏も友達に会えなくなるし、私も日本人妻の友人に会えなくなるじゃん…)






「おそらく…そうだろうね。でも遺言があったみたい。〝私が死んだら再婚してもいいからね〟と…」






私的に遺言があったとしても、お義母さんと出会って過ごした土地を離れるってどうなのかな?と思います。その女性とお義父さんの付き合いがどれぐらいで、どれほどの信頼関係が築けているのかわらないですが…早過ぎるような気がします。




お義母さんのお墓はお義父さんと過ごしたここにあるわけだし…まだ亡くなって3ヶ月もたってないし…。きっとお義母もお義父さんにお墓に来てほしいとおもっているはず…。P氏はそれ以上を私に言いませんでしたが、きっと私同様に〝引っ越すのはまだ早い〟と感じていると思います。でも…寂しいというお義父さんの気持ちもわからないわけではないんですけどね…。難しいところです。

〝色々あるんだね…〟

〝ふぁぁあぁ〜〟




いいなぁ…私も1日だけでもはなちゃんになってみたいもんだわ!笑

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。