Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

怒ったドライバー

いつかはこんな日が来るとは思っていました…。(長いです。お暇な方お付き合いください!)






と言うのも2日前の夜、P氏と買い物の帰り道での事です。家まで15分ほどの距離、交差点で右折しようと信号を見ると〝赤に緑の矢印(右折で進め)〟が出ていたのですが、前方の車が動く気配がなかったのでP氏が「なんで行かないの!」と言いながらクラクションを鳴らしたんです。(それも結構長めの…)






普段から私は「そんなにクラクションを鳴らさないで!」とP氏に言っていますが、P氏はクラクションを鳴らす事に対して何も感じていないんです。(日本では特別なことが無い限り鳴らさない!と習いましたよね?)その他にも…信号待ちをしていて、青に変わった瞬間アクセルに踏みこむP氏の運転…嫌いです。(何をそんなに急いでいるよ?)





〝そんなさ10代20代の羽がついたスポーツカーに乗ってる兄ちゃん(スタートダッシュ、スピード命…)じゃないんだからさ…もっとゆっくり運転してよ!〟と、毎回心の中で思っています。(口に出すとケンカになるので言いませんが…)





話は戻ります。P氏のクラクションで気がつき前方の車は右折し、その後ろを走る我々の車も右折し追い越して先を走っていたのですが…どこをどう走っても付いてくるのです。我々が黄色で進入し、赤に変わって停まらなければいけないのに…赤でも進入して付いてきます。






我が家の近所の細い路地に入って…〝さすがに来てないだろう…こんな道〟と思いバックミラーで確認すると…その車が!!まだついてくる!!仕方なく家の前を通過し、迷路のような細い路地を猛スピードで逃げ切り、怖かったので…ゲスト用に借りている駐車場に車を止めて家まで2人で歩いていると…





徐行をしながらウロウロしているあの車が…!!私もP氏も怖くなり慌てて家に駆け込みました。そして恐る恐る二階の窓から様子を見ると少し行ったスペースにハザードを付けて、その車がしばらく停まっているのを発見!(しばらくすると諦めたのか居なくなりましたが)





「わかったでしょ?クラクションを鳴らされて怒る人もいるの!車から降りてきて殴られる事だってあるんだよ?ニュースにもなってるじゃん!やたらクラクションを鳴らさないで!」とP氏を怒ると、本人も反省したのか(よほど怖かったのか)素直に謝っていました。





こんなところまで我々の後を追ってくるぐらい怒っていたドライバーなので、今後も我が家周辺に来る可能性があるかもね…と言う話になりしばらくは家の前に車を停めない事と、今後の事も考えてナンバープレートも変えることにしました。(はぁぁあ…また出費…泣)おそらく車種も覚えられていることでしょう。(でも車は買えない…泣)





まさか家まで着いて来るなんて思っていなかったのでその時はパニックになりましたが…。今になって思うのが、そのまま警察まで走れば良かったなと思います。幸い殴られたり怪我や事故を起こすトラブルにならなくて良かったと思いますが、この経験が今後のP氏の運転の変わるきっかけになる事を願うばかりです。皆さんも運転には気をつけてください!(変な奴沢山います!)






さて、本日も後味よく終わりたいと思います!

今日もゲストルームのお掃除を現場監督していたおはなぽさん!

「あら、メッセージがあるよ!なんて書いてあるかな?」なんて会話ができるわけじゃないのに、はなちゃんに話しかけてしまいます。(ほぼ独り言…笑)



何かの記事で読んだのですが、犬に話しかけると覚える言葉が増えるので、話しかけられない犬に比べると、話しかけられている犬の方が能力が高いそうです。そして…

1年経ったのでゲストルームのタオルやシーツを新調しました。P氏に「なんでもいいからタオルを選んでおいて!」とお願いし(私はシーツを選んでいたので)IKEAのレジでカートの底から出てきた…このグリーンのタオル!!マジか!!(…確かに何でもいいとは言ったけどさ。笑)






なんか…ガチャピンみたい…。笑

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。