Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

所詮は他人

連休中も我が家のゲストルームは、おかげさまで予約でいっぱいでした。

ほら、はなちゃん!ゲストからのメッセージだよ!(食べ物じゃないってば!笑)




そんなゲストからのメッセージには〝外国人の彼との結婚も考えていて…〟〝おふたりにも憧れました〟と書いてありました。(いやいや、ウチなんて…全然ですってば。笑)何が良く見えたのかは謎ですが〝夫婦と言えど所詮は他人だな〟と思う事は日々の生活の中…まぁあります。笑。



私が山でアブに刺され痛がっている時も、P氏はヘラヘラ笑いながら「あらら…大丈夫?」と言うだけだったし…。(あららじゃねえわ!心配してよ!!あなたの妻ですよー?家族ですよー?)これがきっと自分の親や兄弟だったら…おそらくP氏はもっと真剣に心配しているはずです。



そしてもうひとつ。ニュージーランドに帰省する度に感じる他人感…。(って、そもそも人種も違うし他人なんですが…笑)「ここはあなたの第2の家なんだから!いつでも自由に使っていいのよ!」と義理のお母さんは優しく言ってくれましたが…



家族でいると話すスピードも速いし聞き取れないうえ、親戚の子供なんかいると私の下手くそな英語に「はぁ?何言ってるかわかんない!」と正直な返事が返ってくるわけです。笑。(恐るべし子供!笑)そんな孤独な(ちびっ子ギャングにハートをボロボロにされた)ジャパニーズワイフを1人置いて、P氏は帰省の度に友達と飲みに行くわけですが…私はリビングにいても何をしていても…ただただアウェーでしかないのです!泣。



そんな話を友人にすると…「全然そんなの良い方だから!優しいって!私なんて旦那の実家に帰省しても未だにご飯の時は、私だけ割り箸出されるよ!おまけに家事もお義母さんに気を遣いながらいつも以上に手伝って…疲れるだけ!2日で限界!」と友人…。(割り箸って…来客じゃん。きっつー。笑)やっぱり家族と言えど所詮は他人…、夫婦と言えど所詮は他人。笑。



国際結婚であっても、日本人同士の結婚であっても色々あるんだから、やっぱり他人同士が夫婦になって家族になるって…難しいもんだなぁと改めて感じます。これらの事(現実を)ゲストには伝えられませんでしたが…どうかゲストには幸せな国際結婚をして欲しいなと思います!




今日はあいにくの雨ですが…

連休中は天気も良かったのではなちゃんも長めの散歩をしてきました!P氏はもう半袖半ズボンです。笑。

連休中、P氏とずっと一緒にいたはなちゃんはナッツやらクリームチーズやらをもらっているので…大嫌いな歯磨きをしました。笑。

〝だー!やめてー!〟と、ものすごく嫌がっています。笑

「すごい顔ね!ヴァンパイアみたい!!」と笑いながら写メを撮るP氏。


笑ってないで手伝えや!!笑

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。