Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

お義母さん

今回のニュージーランド帰省で、3年前との違いはお義母さんの姿がないという事…。去年亡くなってしまったので当たり前なのですが、もしかしたら〝ふらっと買い物から帰って来るかも?〟そんな風に思っていました。

お義父さんの案内でお墓まいりです。野生のうさぎも出てくる静かな場所にお義母さんは眠っています。(埋葬と火葬が選べるんだそう。ちなみにお義母さんは埋葬)

お墓を目の前にすると…お義母さんが亡くった事は現実なんだと実感し、笑顔や楽しかった思い出、こんな私に優しくしてくれた事…全てを思い出し泣いてしまいました。



私はダウンジャケットの裾で、溢れる涙を止めるに必死だったのでP氏の顔を見ていませんが、きっとP氏も泣いていたと思います。10分ぐらいそんな時間を過ごし、P氏が「僕が死んだら日本ではなくここに(ニュージーランド)戻してほしい」そう私に言いました。



それがいつなのか、どっちが先に逝くのかもわかりませんが、今日の日の事をしっかり覚えておこうと思います!お墓まいりの後、P氏が「どうしても行きたい場所がある」というので車を走らせ海へ…

リバトン の海です。この写真では伝わらないと思いますが…冬の海、見晴らしのいい高台、風を直に受け(強め)もちろん寒いのです!!

「悩み事やリフレッシュをしたい時によく来たんだ」と言うP氏の横で、私は寒さに震えながら〝そんな日もあるよな…〟と思いながら我慢して待っていたのですが…

寒すぎて…下山。笑。車の前に着いた時キーを持っていないことに気が付き…深い溜息をついているとP氏がやって来て、晴れ晴れとした表情で…(リフレッシュできたらしい)

「さあ!シェルを拾いましょう!!」って…。(拾わねえよ!!笑。)それよりなにより…寒いし…やりたいならお一人でどうぞ!!と言おうか迷いましたが、こんな日だし…まあいいか!と、寒空の下P氏の貝殻拾いに付き合いました。笑。



次回は帰国編なのですが…すんなり旅を終えるかと思いきや…日頃の行いが悪い我々、すったもんだがあるのです…。涙。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。