Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

CU

先日、仕事場までP氏が送ってくれると言うので、はなちゃんも車に乗って一緒にお見送りについてきました。

最近、車に乗ると〝楽しい場所に行ける!〟と思っているらしく、自らジャンプしてトランクに飛び乗ります。(用事がないのにトランクの前から動かない事もしばし…笑)




私を降ろして家に帰って、リビングで数分…あれ?なんかへん…と思い二階のオフィスやベットルームで数分…あっ!はなちゃん!!(そうなんです!車にはなちゃんを乗せたまま…すっかり忘れたそうなんです…ありえん!!)




「はなちゃんおとなしいから!すっかり忘れちゃった〜へへへへ〜笑」…だそうです。(へへへへ〜じゃないよ!気温が低い時間で良かったけどさ)よっぽど悪いと思ったのかP氏ははなちゃんに謝罪のスナックを買って来ました。笑

いつも「高いね〜」と言っていたコストコで売っているこの犬用ガム!なんだか良さげ。

袋を開けた瞬間に飛びついて来ました!夢中で食べていたのでどうやら美味しいみたいです!

〝ボリボリ…うん、うめぇ!〟

良かったね、はなちゃん!そしてありえんな…P氏!笑。





梅雨が明けてたら本格的な夏がくるのでゲストルームのインフォメーションを夏用に書き換えです!

①に書いてある注意書きですが…我々も気をつけてはいるんです。階段を登る音だったりテレビのボリューム、会話の声も。




今まで①のような注意書きは書いた事もゲストに伝えた事もなかったのですが…(ここから先は不愉快に感じる方もいると思うので、読みたくない方は読まないでください!)





とある日、P氏が仕事終わりの私を迎えに来た車の中で「はぁ…今日は今までで一番うるさい。あなたも帰ったら感じると思うけど…」何がうるさいの?「ゲストの声!僕が思うにあの2人は夫婦ではないと思う!」と、よくわからない勘で言うんです。(ふだんはめっちゃ鈍感なのに…笑)





家の外にまで楽しそうな声は聞こえていましたが、廊下挟んで隣のリビングでテレビを観ていてもしっかり会話が聞こえてきます。(はぁ…なるほどね!)テレビを観ながらなんとなく聞こえてきたのが…「奥さんに知られたら叩かれちゃうよ〜」と言うフレーズでした。(えっ?P氏の勘、当たったじゃん!不倫?愛人?)





夜も遅かったのでご挨拶はチェックアウトの時にと考えていたので私はゲストに会っていませんが、P氏曰く男性50〜60代、女性は30代ぐらいとの事。(なんか…ゲストを干渉してホストとしてダメだよなと思いますが…)





深夜0時をまわっても状況が変わらなかったので、さすがにご近所迷惑にもなるし丁寧に注意をせねばと思いどう伝えようか考えていたら、聞きたくもない音が…。(我が家はラブホではありません)仕方なくP氏も私も自宅で耳栓をして過ごしました。お互いに仕事で疲れているのに家でくつろげないって…ないよなーって思います。笑。





そして丁寧に〝我が家はホテルではないので防音の面でも完璧ではありません。少し声のボリューム等、ご配慮いただきますようお願い申し上げます〟みたいな感じでゲストにメールをしました。





次の朝チェックアウトの時間を過ぎても応答がなかったので、部屋を入るとメッセージが…〝TNXCU〟…「TNX…あっ!もしかしてThanks see you じゃない?」と私が言うと、P氏が「その場合THX だしね。No thank you 」と冷静につっこんでいました。笑。





お金を頂いて泊まってもらっているのでゲストの思うように過ごしてほしいと思っていましたが、ポジティブに…我々も勉強になりました。〝伝えるべき事は伝える〟ということを…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。