Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

フーコック島のB&B

夏に行って来たフーコック島でのB&Bが素敵だったので工事着工が始まるまでネタ切れしないように、つないでいこうと思います。笑。

「フーコック島ってどこ?」私も知りませんでした…ベトナムの南にある島で、ハノイから国内線で1時間ちょっとでした。日本ではツアーパッケージにすらなっていないマイナーな島(JTBのお姉さん曰く)でしたがこれからどんどん発展して行くんだろうなと思える島でした。もちろん滞在中日本人には誰一人と遭遇しませんでした。笑。ガラス張りのB&B、すぐ目の前が海!完全プライベートビーチ。寝ながら横をみても緑がいっぱい。一泊3000円ほどでこの感じを味わえるなんてなんだかお得に感じます。ここの宿泊者には仕事があります、熱帯魚と金魚の餌やり!それも楽しくていいアイディアだなって思います。笑。物置かな?と思ったら現地の人のお家…正直ビックリしました。私達は先進国に生まれて不自由なく暮らしています。教育だって受けれます。当たり前になっていたことに気付けた旅でもありました。

特産品のペッパーもしっかり買って帰りました。

ちなみにフィッシュソースも特産品だそうです。飛行機内、預ける荷物含め持ち出し禁止(匂いがきつい為)のフィッシュソースでしたがP氏がひどく気に入り「持って帰る!」と言うので空港でチェックインの際ハラハラしてやりとりを見ていると、案の定聞かれていました「フィッシュソースは持ち出してないね?」「はい、もちろん!」とP氏…この嘘つきめ…!笑。


発展途中の島でしたが自然がたくさんあり私はのんびりできたので好きでした。もちろんリゾートホテルもあります!日本人には会いたくない日本に疲れた方には是非ともお勧めしたい島です!笑。

選択肢が多すぎて…

最近の住宅は早い所で1ヶ月少しで建つんだから大工さんって凄いよなーって思います。そして床をひとつ選ぶにもこんなに種類が多いとまぁ悩む!センスがない我々には苦痛にすらなってきます…。笑。

このサンプリングが重いのなんのって…膝の上で気軽にめくれないのが苛立つ。笑P氏が小便器が欲しいと言うのでバスルームに入れました。私的にはいらないんじゃないの?「ねえ、いらないんじゃないの?」と諦めてもらおうと思いましたが、これだけは譲れないのだそう…。笑。


私達がB&Bをやる街は空港が近く、街から少し離れた場所にあります。近所には陶芸のギャラリーやカフェがあるので自転車で周れるように貸し出しも考えないとなぁと思います。


ブレナムという街のB&Bに泊まった時は自転車を借りてワイナリーを周りました。ニュージーランドはワインが有名でもあります。無料で試飲ができるワイナリーがたくさんあるので酔っ払いながら自転車をこぐっていう…。笑ワイナリーで買った一冊の本が数ヶ月後…遠く離れた北島で運命の出会い!!どこかで見た子だな?と思ったら本の表紙をしていた子でした!!オッドアイのボーダーコリーちゃん!偶然の出会いでしたが彼らに癒されたのは言うまでもありませんでした!

可愛らしいB&B

間取りも決まったので、そろそろゲストルームのテーマを決めてクロスやインテリアを選ばないといけないのだが、私もP氏もなんせセンスがない…。笑。


オマルという街で泊まったB&Bは全てがアンティークで可愛らしいお部屋でした。

小さな離れのゲストルーム

扉の向こうの景色までもが可愛らしい。毎日こんな扉から出勤したら仕事も頑張れそうな気がするのに…。笑

小さなキッチン。アンティークで可愛らしいのに使い勝手を気にしてしまう私。笑。

バスルームとトイレ。タンクが上にあるのって珍しいなぁ。

これ何だろう?とP氏に聞くとまきを燃やして調理するコンロ?だそう。

ゲストルームに関するインフォメーションが書かれているノートも手作り!!聞くとオーナーさんは本を作る会社の方でした。

高台にあるB&B景色が綺麗。天気の良い日はこんな場所でブランチをしたい。

お昼寝中ごめんなさいね、起こしちゃったね。

あら、こちらも起こしちゃったね。新鮮な卵も食べれたB&Bでした。