Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

ムカつくこと

連日報道される北朝鮮のニュース…。もう本当に、あの黒電話さえ居なくなれば平和になるのに…。

北朝鮮の国民も被害者だと私は思っています。戦争や核実験やら…何の意味があるんだろうか?もう本当に辞めてくれって感じです。あの黒電話だけさっさと消えてくれって感じです。(早く暗殺されないだろうか…)








さて、昨日はP氏のビジネスで使う写真を撮る為、カメラマンをやって欲しいと頼まれ我が家のわりかし綺麗なスペースで撮影をしました。笑

顔が怖いよ!と言うと「じゃあ笑わせて!あなた、いつも自分の事〝ブスでデブでごめんね〟って僕に言うじゃない?それをシャッター切る時に言って!」とP氏…。





それを言うといつもP氏が大笑いするので、私が「笑ってんじゃないよ!〝そんな事ないよ!〟って言うの!こうゆう時は!」と、いつも教えるのです。笑。それをシャッター切る時にやれって…。笑。(まぁいいけどさ…)





上半身だけスーツを着て下半身はパンツ一丁(このまま外に出たら完全に変質者です!)でしたが自然な笑顔?が撮れたのでまぁ良かったです。





そんな変質者は、残り物でお昼に炒飯を作ってくれました!

ケチャップで顔を描いています!可愛いけど…ケチャップに関してP氏にムカつくことが1つあります…。





いつも私が作ったご飯にケチャップをかけたがるのです!〝いただきま〜す!〟の次の言葉は決まって〝ケチャップかけていい?〟と…。こっちはちょっといい出汁を使ったり、味付けを工夫しているのに…!ムカつくので「まずはひとくち味わってよ!それからにして」と私は言います。





「うん!美味しい!かけていい?」……「ケチャップ…ケチャップって!あんたね、それ作った人に失礼なんだからね。」と私が言うと一応謝りますがそれでもケチャップをかけます。何なんでしょう?!私の料理が下手過ぎるのでしょうか?笑。





いつだったか、日本食を義理の両親に作った時もお義母さんは「美味しいわ!ありがとう!」といって食べてくれましたが、お義父さんは食べてくれませんでした。「せっかくMissy(私)が作ってくれたのよ?」とお義母さんが言っても食べてくれませんでした。





日本食がダメなら…チキンなら食べてくれるでしょう!と思い、P氏にお義父さんの好みを聞いてハーブやらで味付けをし(照り焼きチキンは食べないと聞いたので)お義父さん用に別に作りました。





それでも…私が味付けしたハーブやらの部分をナイフで切り落とし、自分で塩をふって食べていました。それにお義母さんが気が付いて「せっかく作ってくれたのに…失礼じゃない!」とお義父さんに怒りました。(It's okay!と笑いながら言いましたが…ショックでした)





私の料理は受け入れられなかったのでしょう。そもそも文化も違うし何十年もお義母さんのご飯を食べて来た人です。仕方ないことです。「ごめんねMissy …彼は頑固だからあぁなのよ。気を悪くしないでね!」とお義母さんから言われました。





絶対食べない父と、何にでもケチャップをかける息子…なんか…ちょっと共通する何かがあるな〜と思ってしまいます。笑。(悪い意味じゃなくて!頑固な部分とかね。笑)




はなちゃんは何でも食べるもんね〜

朝食のパンの耳を〝タッチタッチ〟をしてねだるおはな氏。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。