Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

出会い

ここ数日、夫婦の関係が危うかったのでお互いに…気分転換も兼ねて昔よくハイキングした公園に行ってきました。

「5年前は、まさかあなたと犬を連れてここに来ているなんて…全く考えてなかったな〜…」とP氏。

本当にそうです。私はP氏と出会う前までは結婚を考えていた人がいたし…





ここから先の話は、我々の出会った頃の話です。(暇で仕方のない方だけお付き合いください!笑)





二十代前半、海外に興味を持ち始めニュージーランドでのホームステイから帰国し〝勉強してもう一度行きたい〟と思い、仕事の休みの日にマンツーマンで英語を教えてくれる先生を探していたんですね。すぐにカナダ出身の先生が見つかり教えてもらっていたのですが、その先生の本業が忙しくなって私とのレッスンが難しくなってしまいました。それでその先生が紹介してくれたのがP氏でした。







初めて会った時の印象は〝うん…良い人そう。あれ?…この人と何かある?〟(うまく言えませんがパッと見て私の人生に関わる人だろうな…と感じたのは今でも覚えています。笑)でも良い人そう…と言うだけでその当時は〝カナダの先生よりワンレッスン500円ぐらい安くならないかな〜?〟と考えていました。笑。







P氏に先生が変わってからは、ニュージーランドにワーホリするならどこがお勧めか?絶対行くべきポイントなど、他には…ロシアはアジアじゃないのか?だったらなんなのか?など…関係のない内容で1時間のレッスン時間を過ごす事もありました。笑。そのうち、レッスン以外の日も会うようになり、ご飯を食べに行ったり一緒にハイキングにも行くようになりました。






はなちゃんも連れて行ったこの公園は、我々の思い出の場所でもあります。「懐かしいね〜」と言いながら2人と1匹で歩きました。






そんな関係が半年ほど過ぎた頃、P氏に「ちょっと話があるんだけど明日会えない?」と呼び出されたのです。この感じからすると…こ、これは…愛の告白か?!と思い、友人に「ねえ、これどう思う?」と電話する私。






「あるでしょ!!そうだよ!!絶対告られるよ!!相手が外国人ならキスはしてるんでしょ?」と興奮気味に聞く友人。「いや、してない。てゆうか、手すら繋いでない…」と答える私。

「マジで!!昭和かっ!」と驚く友人…笑。








長くなったので続きはまた今度…

こ、こわい!迫力ありすぎだよ…おはなさん。笑

〝え?こわい?〟うん…ホラー並みにね…。笑


おやすみなさい☆

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。