Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

畳一畳

予想以上にP氏のダイエットは続いており…なんと結果まで出始めている今日この頃…!笑。(2週間で4キロも落ちたそう)

今朝は小麦粉やパイ生地を一切使わないキッシュを作っていました。炭水化物をとらないダイエットって…無理じゃない?!何食えってさ?!(パンもダメ、ご飯もダメ、麺もダメ…)と否定的な私でしたが、結果が出てるならやってみようかな〜という気になってきました。笑。





P氏がダイエットしている理由には健康を見直す理由ともうひとつ!6月のニュージーランド帰省までに体をしぼり、近隣の暖かい南の島のビーチで過ごしたいという理由です。(意外と意識が高いけど…笑)ビーチだなんだと浮かれている場合ではない!考えないといけない事が…はなちゃんのこと!

我々がニュージーランド帰省の時…はなちゃんはどうするか?!という問題です。可哀想だけどペットホテルしかないよね〜という話になり、早速下見と料金確認に行ってきました。

こちらがその料金表。やっぱり小さなゲージに入れられるより畳1畳のスペースで過ごしてほしい。となると1日8,000円×17日間=136,000…じゅっ、じゅうさんまんろくせんえん?!(ホテルは…無理だ。笑)





次に考えたのはペットシッター。自宅に来てくれるなら、はなちゃんもストレスなく過ごせるでしょう。そう思いP氏に話すと…「うーん…知らない人を留守中に家に入れるのは嫌ね!」と言うので、この案もあっさり却下…。






そうだ!北海道の実家にあずけよう!!(タダだし。笑)はなちゃんが我が家に来るまで暮らしていた家ならストレスもないでしょう。そう思い実家の母に電話をしました。すると…



「えぇ〜また飛行機乗せるの?はなちゃん可愛そうじゃない。ダメダメ、あんな暗い貨物室に…。お母さんそっちまで行こうか?」(そっか!!その手があったか!)と言うわけで、6月は我が家の留守番に母が来ることであっさり決定しました。




もしかすると…?(費用が安ければ…)と思いはなちゃんと一緒にニュージーランドに行く方法も調べましたが、マイクロチップを埋め込んだり…検疫の予約やらパーミット申請やら…やらなきゃいけないことが多いし、はなちゃんの体の負担も費用もかなりかかります。いつか動物も海外旅行が気軽に行ける時代になればいいなぁと思います。




今夜のはなちゃん。

〝ちょっと…それ!…どこにやるのよ!?〟と真剣な眼差しでボールを見つめるおはな氏。

〝ちょっと!返してよ!!〟と飛びかかるも、ほ〜らほ〜ら!とP氏に遊ばれるおはな氏。笑。「もう〜返してあげたら?」と言う私の声も届かず…

ブレて消える…ミスターテニスボールクレイジー。笑。おやすみなさい☆

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。