Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

恐怖の老婆

仕事から疲れて帰ってきて、ひと段落した23時30分過ぎ。我が家のインターホンが鳴ったので〝こんな時間に誰だろう?〟と思いつつモニターを除くと、白髪の老婆が花を持って立っているではありませんか!!(怖い…)よーく見ると、以前睨まれたことのあるご近所さん。(ちなみに…全然関わりがない方)




「ちょっと!!花が綺麗なの!!出てきて!!」




「は、はい!?ああ…ちょっと待ってください…。」そう言って家を出ると、老婆の庭に案内され突然、花を手渡され…自慢話が始まって…(庭や土地、家が大きいだとか…しょうもない自慢)そして「お宅は民泊されてて、昼もいないでしょう?」と…。(怖過ぎる…)





こんな夜遅くに、疲れているのに(明日の朝も仕事早いのに)いつまで老婆のしょうもない自慢話を〝凄いですね〜〟って聞かなきゃいけないんだろ…私。普通じゃないよな?!この状況…なんか怖いし…どうやって切り上げよう?…そんな事ばかり考えていると…一筋の光が!!




「ハァーイ!こんばんは!どうしたんですか?」ライト片手にP氏登場!(ナイス!P氏!!ありがとう!!)




が、しかーし…突然のP氏の登場にさらに気を良くした老婆が、また自慢話を始め(私は2回目…泣)結局ふたりとも捕まってしまい…とりあえず老婆の話をふたりで〝はい、はい〟と聞き、キリがいいところで帰ってきたのですが…




帰り際に老婆が「あなた達が家に帰ってきた事確認して、夜に何度かピンポン押すけどあなた達出てこないわよね!本当は仲良くしたいのよ私!」と、言ったことが気になります…。




もちろんですが…夜にピンポンが鳴ったことなんて一度もありません。(今回が初めて!ビックリしてるぐらいなのに…)我が家のインターホンは録画機能もあるし、出入り口の防犯カメラにも老婆の姿なんて一度も映っていたことなんてありません…。(ちなみにP氏はカメラの映像を見て〝老婆に私が誘拐された?!〟そう思い、様子見がてら救出に来たそう。誘拐って…なんでやねん!しかもふたりで捕まってんじゃん。笑)






※こちらが頂いたお花…。


「お礼なんて要らない!そうゆうの私は嫌いだからね!」と老婆…。(えっ…。持って来いって事?…めんどくさ過ぎる。泣)今後…、第2弾が無いことを心から願っています…。




ああああ!こんな時間!早く寝ないと!おやすみなさい☆

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。