Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

前妻と養育費

友人の出産予定日がもうすぐなので、ニュージーランドで買ってきたベビー用品をラッピングです!

おもちゃにベビーシープスキンブーツ、赤ちゃん用のお菓子(美味いのかわからんけど…笑)そして虫除けクリーム(もうすぐ夏が終わるっていうのに…)まぁ生まれてからの夏に使ってね!って事で。笑。そして、それらをグッチの袋に入れて送ろうとしている私。(友人よ、期待させて申し訳ない…。笑)





子供で思い出したのが…先日、私の爆発でこんな話にもなりました。いつも聞きたくても聞かなかったこと…(聞いたとしても〝その話はしないで…〟と落ち込むので)この際、話さねばと…それはP氏の前妻と子供の話です。




P氏には離婚した前妻の方に(1人)子供がいます。毎月養育費(70,000円)を払っているのに、子供に会えていない事…。取り決めをした面会日がいつのまにか無くなり…そしてその当時よりも収入が減っている現在、70,000円の養育費は我が家の家計を圧迫しつつあるのです。(去年なんて本当に苦しく…督促状の山!私の貯金を切り崩しても…足りなかったぐらい)





全てを理解して承知した上でP氏と結婚しているので、前妻や子供の事でどうのこうの文句を言うつもりは無いのですが…。私はP氏が子供に会いたがって泣いている姿も見ているので、なんとか面会させてあげたい!そう思うのです。でもP氏本人は…




「母親側に子供がつくと、自然と母親の味方になって…僕の悪口、沢山聞いていると思うんだ。〝女作って出て行った〟とか…。別居したのには理由があるのに…子供がわかる時が来るまで、待つしかない…。」





「そうかもしれないけど…直接子供に連絡をとってみたらどう?もしかしたら会いたがっているかも。毎月どんなに苦しくても養育費は払っているのに…。これじゃ…なんか損している気がする。成長だってみたいでしょう?あなたが子供の事をちゃんと〝想っているんだ〟っていう事をわかって欲しいでしょ?」




そして…できることなら養育費を少しだけ減額してほしい。(P氏曰く、前妻の方が収入が高いそう)払わない訳ではなくて…1万でも減ったら生命保険に入れたり…貯金することもできる。もう我々も、病気やケガを心配する(ガタがくる)年齢に入っていくんだし…そうP氏に伝えました。




「減額してもらう事になると…また裁判をする事になる。僕はもうこれ以上揉めたくない…」




P氏の気持ちもわからない訳じゃないけれど…でも、私も稼げる時間は限られているし…(現在はパートを2つ掛け持ちして扶養をはずれています)将来の事も考えて、弁護士に相談してみたり第三者の意見を聞くべきだと私は思っています。




こんなしんどくなった時、いつも私が思うのが…「あなた!これからどんどん運気が上がっていくわよ!ご主人との相性もピッタリ。心配しないでしっかり支えてあげてね!」と、言っていた…ミナミの母の言葉です。笑。(母…ありがとう!あなたの言葉に相当助けられてますさかい!←なぜか関西弁。笑)

人生山あり谷ありっていうしね!クヨクヨしないで、今日もまたパート頑張ります!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。