Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

日付

お義父さんが来て4日目。我が家で飛び交う言語が英語なのですが…(そりゃそうだ)毎日毎回しっかり集中していないと聞き取れないので…物凄く大変です。笑(勉強しないとな…泣)

特に私の場合は…おしゃべりクソ野郎(P氏)が日本語を話してくれるので、P氏との会話で不便を感じた事はありませんでした。でもお義父さんとはそんな訳にはいきません。(日本語全く話せません)





先日も〝スーパーに行くけど何か欲しいものはある?〟と聞くと「デーツが食べたいな」と…。デーツって何?!(スペルを聞くとdate)そして辞書で調べて出てきたのが〝日付〟って…。(もう…何のことやねん!って感じですよね。笑)更に聞くと「ドライフルーツで木になっていて…」と言うので探しに行くと…

あったあった!日付!笑。(いや、デーツね。笑)ナツメの事を英語でデーツって言うんですね。(そもそも私、ナツメ自体知らなかったんですけど…ナツメと言えば…雅子としか浮かばない昭和な女。笑)買って帰ったら喜んでいたので良かったです!そしてふとレジ横をみると…

あらま!クッキータイムじゃないの!!こんな手軽にカルディーで買えるなら、ニュージーランド土産を買い忘れた時にお世話になろうと思います。笑(急に予定外の人って出てきますよねぇ…。笑)





お義父さんとは私が仕事に出掛けるまでの間、2人で過ごす事が多いのですがニュージーランドに帰国したら、現在住んでいる家(長男とパートナーの家)を出ていくと言うのです。何で?と聞くと「長男もパートナーもまだ若いし、2人の時間も大切だろし…そろそろ家を探さないと…」と…。そう話しているお義父さんがなんだかとても寂しそうに見えたので…





「日本に、あなたが居たいだけ好きなだけ、ここにいればいいよ。私とP氏は嬉しいし、ドギーも戻ってくる。私が仕事でいない時にオシッコや散歩に連れて行ってくれると助かるし!」そうお義父さんに言うと…「そうなるならちゃんとお金を払いたい!」と、とても嬉しそうな顔で話していました。(毎週3万円の年金が入ってるから大丈夫!と、電卓を笑いながら見せてきたお義父さん。笑)





お義母さんが亡くなって来月で1年…寂しい気持ちや、ひとりで居たくない気持ち…よくわかります。(私も弱い人間なので…)いつも遠くにいて何もしてあげれない分、日本で私にできる事なら色々してあげたいなと思いました。好きな時に帰ればいいし…また好きな時に来たらいい!言葉が通じなくとも家族だもんね!





さて、いよいよ明日我が家のもうひとりの家族!はなちゃんが北海道から帰って来ます!

早速P氏は「はなちゃん帰ってくるからオヤツ、コストコで買ってきた!」と、準備。ピーナッツバターバナナとか…めちゃめちゃ美味そうやんけー!笑。どれ…

クッキーみたい!「ねぇ、ひとつ食べてみていい?」そう言いながら袋を開けようとすると「ダメ!はなちゃんが先でしょう?」とP氏…。笑




「ダメ!犬用でしょう?」じゃないんだ…。笑(そして私は犬かよ!笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。