Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

ホームステイ

クリスマスまであと5日なんですね〜それが終わったら年越しで…一年あっという間だなぁとつくづく感じます。




今日も私は朝から片付けとパッキングです。見せるのも恥ずかしい(じゃあ見せんなよって話ですが…笑)ごちゃごちゃした戸棚。賞味期限の切れの缶詰やらインスタント食品が大量に出てきてウンザリしていると…その中に懐かしい物を発見!


インディアンに教えてもらい買い揃えたカレースパイス!と、実家の母に送ったレシピのコピー。




フィジーってフィジアンだけが住んでいるかと思いきや半分はインド人なんです。最初インディアンの家にホームステイしていたのですが、そこのファミリーは私を置いて外食に出かけたり…(まぁ仕方がない息子の誕生日だったので)出される食事がインスタントラーメンだったり…(当初はそれが普通なのかと思っていた)コミニュケーションを取るために私が日本のカレーを作ったのですが誰1人と食べてくれなかったんですね…。泣。




そんなある日ホストマザーが経営するセカンドショップのショーウィンドウに私が日本から持って来たお土産が売られていたんです!笑。日本を出発する前ファミリーの情報を元に〝どんな物がいいかな〜?〟とP氏に相談したり色々考えて選んだお土産をですよ?!(お金に困るような家庭であれば仕方がないと思えましたが、金持ちのお家です)その時に決めました…ここを出よう!!と。






そのファミリーには〝街や生活にも慣れたので自立します〟とだけ言い、ありがとうも何も伝えず自分の荷物と残りのお土産をもってタクシーに乗り込みました。





移動したフラットの下に住んでたインディアンのご夫婦とはカレーのレシピを教えてもらったりランチに誘ってもらったり、私が留守にする時は〝よろしくね〟と言える関係だったので今でもとても感謝しています。実家の母に「やり投げとか危ない事しないでよ!」と言われた私。は??やり投げ?なぜに?「インディアンのお家に行くんでしょ?」って…(そういうことか!笑)説明するのも面倒なので大丈夫だよとだけ伝えました…笑。




ニュージーランドでもホームステイをした事があるのですが、私が日本食を作った時には「ありがとうmissy!とってもおいしいよ!」と家族みんなで食卓を囲んでくれて、結婚した時もP氏と一緒に報告に行ってお茶をしたり、そこのファミリーとは今でも付き合いがあります。(ちなみにmissyというニックネームを付けてくれたのもそこのファミリーです。)




結局はホームステイも当たりハズレがあると思います。B&Bが落ち着いたら過去の経験を活かし、日本へ来たい外国人のホームステイ受け入れやワーホリ留学のサポートもできたらいいなぁと考えています!






さて自宅兼ゲストルームの方は…だいぶ進みクロス張りが始まるようです。

パッキングが大っ嫌いですが…でもなんとか…笑。そして今ブログを書いている最中にも宅急便が…宛て名はP氏。何を買ったのか…(また何も聞いていない私)こっちは荷物を減らそうと頑張っているのに…勘弁してくれ〜。泣。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。