Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

キャバ嬢

airB&Bに情報をアップしてから今日で2日目。予約の管理はP氏の担当なので、気になって仕方がない私は1日に何回も予約はいった?ねえ予約どう?よや…「入ったらすぐあなたに教えるから!そんな早く予約入るわけないよ。もう!ちょっと待って!」とP氏を苛立たせています。笑。

まだ見ぬ…ゲストへのメッセージを書いては消して…来るかもわからないゲストを勝手に想像し、パソコンで仕事をするかもしれない!と我々が使っているサイドテーブルをソファーの横に置いてみたり…。笑。「あなたクレヨンしんちゃんみたいね!」と言われてしまいました。(いや…せめてそこはネネちゃんだろ。笑)


ホテルではお茶やコーヒーが部屋に置いてあるので、我々もコストコで箱買いをしてきました。緑茶、紅茶、コーンスープ、味噌汁。あとちょっとしたお菓子、コアラのマーチやじゃがりこをゲストに提供したら良いかもねと話しています。(目指すはホテルより心地良い部屋!)


コーヒーはバリスタで、冷蔵庫の中にはお水とミルクを置いてシリアルを食べたりできるようにしたいと思っています。(ブレックファーストメニューは今はまだ決めていませんが、問い合わせがあった時にゲストと決めたいと思います。)


消化器も準備オッケーです!ちなみにゲストルームは禁煙です。(我が家も禁煙)なので外に喫煙スペースをつくろうと思います。(ちょっとした椅子とテーブルを置けたら理想だなぁ)



「新築祝い何欲しいだ?」と昔の上司(言うならば愛知県の父)から聞かれたので、「ゲストルームに使う布団クリーナーが欲しい!」と伝えるとリクエスト通り下さいました。(遠慮をしない私)これで梅雨も快適に綺麗なお布団で休んでもらえます!




私が初めて愛知に就職した時の上司で休日には電話が鳴り「メシ食いに行くぞ!」と誘いがきて奥様と3人で出掛けたり…。とにかく昔も今も良くして頂いています。本当に有難いです!





ただ良い人過ぎて…ノルマがあるキャバ嬢の同伴に付き合ってあげたり…(お酒も飲めないのにですよ?)「1時間喋って烏龍茶飲んで15,000円って高くね〜?」と言うので、だったら私が1時間喋って一緒に烏龍茶飲んであげるから私に15,000円ちょうだいよ!と言うと「バカヤロウ!なんでお前にやらないかんのだ!」と怒られてしまいました。笑。(私とキャバ嬢との共通点…女…)まぁそうですよね〜可愛い女の子で若いから男の人も癒されるんですよね〜。笑。私も女子力上げれるように頑張ろうと思います…。笑。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。