Welcome to our house

愛知県でkiwi夫と保護犬とAir bnb をしながら暮らす日々!夫と犬、世界中のゲストとの日常記録!!

喧嘩

ゴールデンウィークあっという間に終わりましたね〜!平凡な日常の我々もゴールデンウィーク最終日、事件がありました。


いつものように天気が良い午後、P氏とはなちゃんの散歩に出かけました。(後ろを通るのは名鉄の赤い電車です!)

ビーチをお散歩し…

水分補給のお水も持って、大好きな煮干しのご褒美も持って…ビーチから農道へ移動し歩いていると、突然はなちゃんが震え始め歩かなくなりました。


様子がおかしい…。呼吸も乱れフラフラと手足が痙攣し始め…苦しそう…。



どうしよう?!どうしよう?!とパニックになり、とにかく痙攣しているはなちゃんを抱えて農道に座り込み、落ち着かせようとする私にP氏が「私達に犬を飼う資格ないかもね…」と…。




…はぁ?!はい、もちろんブチ切れました。「この状況で何言ってんの?目の前で苦しんでんのに今そんなネガティヴな発言して何になる?状況考えてよ!」と。頼れないというか…なんというか…〝大丈夫、落ち着いて!〟とか気の利く言葉いえないのか!と苛立って仕方がありませんでした。





座り込むこと5分程で痙攣はおさまり呼吸も正常に戻ったので抱っこして自宅まで連れて帰り、栄養ドリンク(ワンワンカロリー)を飲ませてゆっくりさせました。無事で良かったです。

自宅で落ち着いている様子のはなちゃん。




ちなみに散歩中突然、犬が痙攣し始めたらリードや体に締め付けているものを取ってあげて横に寝かせて落ち着かせるのが正しい対処法だそう。この時、犬の名前は呼んではいけないと書いてあり10分以上続く場合は動物病院に連れて行くべきだそうです。





家に帰ってからも疲れたはなちゃんを目の前に我々のケンカは続きます…。

何であの状況であんな事いったの?「どうしていいかわからなかった…怖かった」そんなの私だって一緒だよ、1番怖いのはなちゃんだよ?「そうね…でも私達は犬を飼ってるのに勉強不足だと思う…」…確かに言われてみればその通りです。




でも…もっと頼りになる発言や行動が欲しかったと言うのが本音です。(頼もしさゼロです。笑)求め過ぎても仕方がないのでこれ以上は言いませんが…。はなちゃんが元気になってくれたのでとりあえず良かったです。




後味わるいので…本日の終わりはゲストルームネタで終わりたいと思います!

ゲストに頂いた中国版、日本のガイドブック!チャイニーズのゲストが多いのでゲストルームに置いて、今後は本棚スペースを作る予定です。

気が付けばトイレのメッセージも2段目に突入!だんだん書くスペースが少なくなって来ました。数えてみると…日本、中国、韓国、台湾、香港、ドイツ、ポーランド、オランダ、カナダ、アメリカ、フランス、スイス、イギリス、ドバイ…各国様々な言語でたくさんのメッセージを頂きました!



今週は、初スロベニアからのゲストです。早速ウィキペディアでスロベニアを調べようと思います!(もっと勉強せねば…笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。